1. TOP
  2. お役立ち記事
  3. ショートメッセージサービス(SMS)とEメールの違いって何?

ショートメッセージサービス(SMS)とEメールの違いって何?

ユーザーへのコミュニケーションとしてのEメール活用

スマートフォンの普及に伴い、今は誰もがEメールを利用している時代です。
そのため、事業者様が様々なサービスやアプリを提供する際には、ほぼ入力必須の情報としていると思います。

一方、BtoC企業にて、お客様のEメールアドレスを取得し、ユーザーと接点を持つ上で活用を検討する場合には、大きな落とし穴があることを事前に把握しておく必要があります。

それは「本人判断が難しい」、「埋もれてしまう」という2点です。

本人判断が難しい理由としては、「Eメールアドレスは作ろうと思えば、誰でも、短時間に、簡単に、何個でも、新しいアドレスを作成」することができるためです。
サービス等の登録やキャンペーンに申し込む際に、企業から案内を受けたくないユーザーは、たくさん作ったメイン利用を考えていないアドレス(いわゆる『捨てアド』)を利用している場合も少なくなく、情報を送っても見られることがありません。

また正しいEメールアドレスを入力しているユーザーでも、毎日大量のメールを受け取る中で、他のメールに埋もれてしまったり、迷惑フォルダに自動で振り分けられてしまう場合もあり、ユーザーへのコミュニケーションとして「Eメールアドレス」を活用するということは、今や最適解とは言えないかもしれません。

Eメールの欠点を補うSMS

一方、企業がお客様に発信するSMSに必要な情報は携帯電話のみです。

携帯電話番号は現在では、MNP(番号ポータビリティ)制度という、携帯電話加入者が携帯キャリアを変更しても、電話番号は変更しないまま、継続して利用できる仕組みが出来ました。
この制度によりほぼ永続的に電話番号は変わらず、個人データとして非常にユニークな情報として個人へのメッセージ伝達の手段として注目されています。

またSMSは受信したことをほとんどの場合、ポップアップでお知らせしてくれるため、Eメールのように他の情報に埋もれることもありません。

このようなサービス特性から現在では、重要な情報を届ける際にSMSが活用される場面が増えてきています。

企業でのSMS活用一例:
●ECサイトやスマホアプリでの本人認証
●工事日の連絡や調整
●面接の連絡
●予約日の事前お知らせ
●金融関連サービスの申込み など

SMSのご活用に興味があるご担当者様は、下記からお気軽にご質問ください。