1. TOP
  2. お役立ち記事
  3. ショートメッセージサービス(SMS)とMMSの違いって何?

ショートメッセージサービス(SMS)とMMSの違いって何?

キャリアメールアドレスが必要なMMS

SMSの法人向け利用にあたって、「SMSとMMSの違い」がよくわからないとのお声をいただきます。
SMSもMMSもメールとは違い、チャット形式でのやり取りが可能なことが、さらに理解を難しくしているのではないかと思います。

まずMMSですが、マルチメディアメッセージングサービスの略で、各携帯電話キャリアの独自メールアドレスを利用することで、長文や写真付きメッセージを送ることが可能です。

一方、SMSはショートメッセージサービスのことで、企業が保有するユーザーやお客様の電話番号宛さえあれば、端的なメッセージの送信が可能なサービスです。

MMSは個人での利用がほとんどであるのに対して、SMSは企業からユーザーへの案内手段として広く利用されており、弊社では『AIX Message SMS(エーアイクロス メッセージ エスエムエス)』の名称で、企業や法人のお客様に向けて、SMS配信プラットフォームをご提供しています。

MMSとSMSの違いについては、以下の表にまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。

SMSとMMSの違い

SMS MMS
名称 ショート メッセージ サービスの略 マルチメディア メッセージング サービスの略
送受信トリガー 企業が保有する携帯電話番号 キャリア個別メールアドレス
(例)
0123@docomo.ne.jp
0123@ezweb.ne.jp
0123@softbank.ne.jp
     
文字数 1通あたり全角70文字/半角140文字が基本

(※) 携帯電話各キャリアによって送信可能文字数は異なります

文字数制限なしで、画像の送信も可能。
課金体系 従量課金制(1通あたり費用が発生) 不明:MMSの企業利用サービス未確認/個人利用ではパケット通信料。

パケット通信の料金は、接続時間ではなく送受信したデータ量に応じて変動します

企業での利用が拡大するSMS

日本でのSMS利用は約20年の歴史がありますが、法人での利活用の拡大はここ最近のことです。

保有する携帯電話番号のみで、大切なお客様にメッセージを届けることができる手軽さはもちろんですが、システムと連携することで、携帯アプリやECサイトでの「多要素本人認証」を実現できる利便性から問い合わせも増えてきています。

『AIX Message SMS』は、様々な業界のお客様に色々な方法でSMSを活用していただいており、一部のお客様ではありますが、<<企業や法人でのご活用事例>>も掲載しておりますのでどうぞご覧ください。

導入企業様事例

SMSのご活用に興味があるご担当者様は、下記からお気軽にご質問ください。